パート4:学校でのひととき(日本語)


しばらく前からこれを書こうと考えていました。最近、教育学修士課程を開始したので、少しでも文章を書きたいと思っていたのです ちょうど休みに入ったので、ブログを書く時間が少し増え、日本の田舎での生活の経験をもう少し紹介したいと思います。どんな教育システムにもプラスとマイナスがあることを理解することは重要だと思います。どちらについても詳しく説明することができます。このブログでは、むしろ楽しかったことに焦点を当てたいと思います。もしあなたが海外で英語の先生になることに興味があれば、ぜひメッセージをください! 日本の田舎で小中学校の教師をしていた頃の話を楽しんでいただけたらと思います。学んだ重要な教訓も含めて。写真はあまり公開しませんので、ご想像にお任せします!

学校に行くために、農地の真ん中にある未舗装の道を自転車で走っていたときのことです。左右にはアーチ状の田んぼが広がり、真ん中にはランドセルを持った小学生がいました。 その道は1kmほど続いていて、その間を縫うように自転車を走らせると、「アリ先生、アリ先生」という声が聞こえてくる。学生たちに「おはようございます」と声をかけていました。 学生たちは、脇に面白い昆虫がいたり、疲れていたりすると回り道をしていました!

最初の思い出のひとつは、授業で自己紹介を行った直後のことです。担当することになった最初の授業は、生徒たちに自己紹介をして自分の文化的背景を伝えることでした。 自分の文化を学生に伝えることが好きでした。多くの場合、私が初めての外国人であった。自己紹介では、自分の趣味や経歴を話し、生徒たちに興味のあることを尋ねました。 好きなアニメをいくつか紹介すると、子どもたちはそのアニメを認識して「あああ」と声を上げます。 「ちはやふる」というアニメを紹介しましたが、このアニメは「かるた」というカードゲームを題材にしています。 次のレッスンでは、生徒から「私も友達とかるたをするのが好きです」というメモをもらいました。 T休み時間に「かるた部」を作って遊んでいるとのことで、もちろん参加しました。メモも美しく、心温まるものでした。教師として直面するかもしれない先入観の壁にもかかわらず、子どもたちは周囲の人々を受け入れる無邪気さを持っていることを思い出させてくれました。


 手巻き寿司
学校の文化に関わる中で、自立と順応の二分法に気づきました。これまでのブログでも紹介してきたように、社会の圧力に従うということが、ここではより高いレベルで行われています。学校のシステムでも同じで、個人主義を強く押し出すことはありません。しかし、自立してお互いに助け合う場面もあります。 昼食には、生徒たちはカフェテリアから食べ物を集める係になり、お互いにお弁当を出し合います。通常は、味噌汁、ご飯、そしてメインで構成されています。 生徒はシェフを着て、すべての生徒に食事を配ります。汚れた食器は、すべての生徒がカフェテリアに戻してくれます。いつも生徒たちと一緒に昼食を食べていましたが、生徒たちは質問をしたり、ゲームをしたりするのが大好きでした
 昼食は美味しくて安かったです。お気に入りは、自分で手巻き寿司を作るでした。生徒たちはチームに分かれて学校の特定の場所を掃除します。チームは異なる学年の生徒で構成されています。一番上の学年の生徒がリーダーとなり、下の学年の生徒の面倒を見ます。 5歳くらいの小学1年生が、一番高いほうきを使っているのを見て、かわいらしく思った。以上、学校での生活の様子をご紹介しました。毎週間に何校かの小中学校を訪問しました。 特に、生徒数が30人しかいない小学校での授業は楽しかったです。一緒に昼食を食べたり、みんなで遊んだり、放課後も一緒に過ごしたりしました。実際、保護者が子どもを迎えに来たときには、スピーカーでその旨が伝えられました。生徒との関係はとても特別なもので、すべての生徒の名前を知っているのはうれしいことでした。 
桂浜にある銅像を掃除するために遠足に行きました。坂本龍馬の像でした。ブリーフィングがあって、生徒たちは防護服を着せられ、クレーンが用意されました。生徒はクレーンの中に入り、持ち上げられて、掃除を始めるのです。先生も含めて、生徒はとても気に入ってくれました。そして、いくつかの報道機関が子どもたちにインタビューを行いました。とても良い日でした。別の機会に、生徒たちが農業について学んでいたことを覚えています。 さつま芋を栽培していたので、みんなで収穫しました。学校で一番小さい子が生徒一番大きいさつま芋を収穫した時は、とても可愛かったです。先生が一緒に写真を撮ってくれたのですが、嬉しかったです。 ある週末にはバザーが開かれ、地域の人たちが学校のために品物を持ち寄って売りました。カトラリー、お皿、おもちゃ、陶器など様々なものがありました。子どもたちは小さなバッグを持ってやってきて、小さな商品を購入し、一緒にランチを食べました。
商品を見ているうちに、とても美しい日本の茶器を見つけて、これは絶対に手に入れなければと思いました。美しいイラストが描かれていて、ポットも素晴らしいものでした。バザーの商品はどれもめちゃくちゃ安かったので、200円、だったのを見て、手に入れるしかありませんでした。持ち帰ってお茶を飲むたびに、あの素晴らしい時間を振り返って、すべてのことが少しゆっくりとした気持ちになります。下部に写真を掲載しています。

これまでのブログで述べてきたように、日本に住んでいる間、多くの素晴らしいコミュニティの一員となり、様々な活動やお祭りなどに参加することができて、とても幸運でした。しかし、日本の職場で働く機会がなければ、充実した日々を送ることはできなかったでしょう。好きなことの1つは、少し早めに学校に行き、職員室のみんなに「おはようございます」と短く挨拶をすることでした。そして、すぐに運動場に駆けつけ、生徒たちとバスケットボールやサッカーをして遊ぶのです。幸運なことに、素晴らしくて弾力性のある先生方と一緒に仕事をすることができました。JETプログラムに参加している間、誰よりも彼らから多くのことを学びました。多くの異なる教授法を観察し、結果として自分の教授法を発展させることができたのは、とって非常に貴重な経験となりました。教室では難しい場面もありました。時には、大きな進歩があったと感じられ、同僚の先生と一緒に振り返ることができます。また、クラスが大混乱に陥り、それを台無しにしてしまう子供が数人いることもありました。気分の良いものではなく、自分のしていることに疑問を感じます。しかし、いつも心の奥底で、あの数人の生徒のために戻ってベストを尽くそうと思っていました。誰も取り残さないという自分の性質によるものでした。それから約1年半後、先月の課題であるエッセイを書いているときに、その理由がわかりました。教師として忘れてはならないのは、目標を達成することは、生徒の能力や可能性とは関係がないということです。学校や教師の目的は、目標を達成したかどうかにかかわらず、すべての生徒が自分の可能性を超えられるようにすることです。最近になって徐々に結論が出てきたのですが、このような気難しい生徒は、教えるのが大変だった分、お気に入りの生徒なのです。潜在能力を引き出し、様々な教育的アプローチを用いて強い絆を築き、目標に導くためには、学んだレジリエンスが必要です。

日本の学校行事は珍しいものではなく、学校では常に行われています。中学校では、運動会は、学校行事の中でも最も期待されている日の一つでした。個人的には一年で一番好きな日ではありませんが、生徒たちにとっては特別な思い出を作る大切な日であり、高校に進学する最終学年の生徒たちにとっては集大成となる日です。すぐには忘れないであろう思い出は、音楽祭です。クラスでは、生徒全員が音楽アイテムを用意して、お互いに、そして保護者に向けて発表しました。先生方も準備をしてくれて、教頭先生が「参加しませんか」と言ってくれたので、「もちろんです」と答えました。教頭先生は楽譜を渡して、これを習いたいと言ってきました。通常、このような状況では、どのような結果になるかわからず、ただ最善を尽くすしかありません。自分の左隣にいるのは教頭先生で、とても素敵な方でした。ラオスに数年間住んでいて、ボランティア活動をしていた魅力的な人でした。教頭先生の人生経験から学ぶことは驚くべきことであり、教頭先生の穏やかな性格にはとても癒されました。また、自分の英語部を立ち上げるきっかけを作ってくれたりと、とてもお世話になりました。生徒たちや親御さんたちの反応を見ていると、とても微笑ましく感じました。指揮しているセンターの人が誰かというと、それは校長先生です。 



Wada先生との龍馬マラソン


学校に溶け込んでいく中で、自分の好きなことのひとつは、感謝の気持ちを込めて先生方にお菓子を作ることでした。母の料理が好きで、もしよければインスタグラムをフォローしてみてください。 先生たちが食べたことがないようなものを焼こうとしました。だから当然、オーストラリアのケーキを焼きました。自分が作ったものをみんなが喜んでくれたことにとても満足しました。多くの先生方と強い絆を築き、一緒に教室で教えることがとても楽しかったです。Wada先生という先生とはとても仲良くなりました。教室で一緒に楽しんでいましたし、生徒たちもそれを気に入っていました。一緒に何かの対話を実演するとき、「即興!やってみよう」と言っていました。お互いを信頼して、教室の両側から歩いてきて、急に立ち止まって、ただ話し始めたのです。そして、習った文法事項を盛り込んで、いつもうまくいっていました。即興の後、生徒たちはいつも大笑いしていて、気分が良かったです。自分が2回目のフルマラソンを走ることになったとき、Wada先生と他の先生たちとランニングチームを作りました。 別の学校での指導を終えて、Wada先生の学校で待ち合わせをするのです。午後7時頃になっても、ほとんどの先生方が残っていました。着替えて街に出て、その周辺を走るのです。当時は寒かったですからね。一緒にマラソンをスタートしました。マラソンの後、足が動くようになってから、Wada先生の家族と一緒にバインミーを食べに行きました。

おりづる おりづる おりづる
教師として最もつらいことのひとつは、生徒や同僚の教師に別れを告げなければならないときです。プロセスを何度も経験しましたが、決して楽になることはありません。日本での教師生活では、7つの学校に配属されましたが、多くは同時進行でした。学校で関わったすべての人と強い絆で結ばれていたので、大変でした。自分の最後の日には、とても素敵なプレゼントをもらったことを思い出します。生徒が小さなメモを書いてくれたり、大きなカードに集合写真を書いてくれたり。時には生徒や先生方全員に向けてスピーチをしなければならないこともあり、控えめに言ってもちょっと大変でした。また、職員室でひとこと話すこともありました。あるクラスでは、一緒に教えていた日本人の先生に「真ん中に座っていてください」と言われたのを覚えています。生徒たちは前に出てきて、ためにミュージカルを披露してくれました。授業が終わると、生徒たちは幸運と長寿を象徴する鶴の入った大きな袋を手渡してくれたのです。注目を浴びることは私にとって難しいことで、ような素敵なものをすべて受け取ることも難しいことです。しかし、ブログのパート1で述べた哲学に戻ります。日本、特に高知に住んでいる間は、お持て成しが生活の一部となっており、より深い意味を持っています。自分に向けられた美しい仕草への感謝であり、同じお持て成しを周囲の人々に提供するためでもあります。 先生方への感謝の気持ちを込めて、最終日には同じ手作りのケーキを持ってきて、みんなに食べてもらうことにしていました。チョコレート・パブロヴァでした。最後の日が終わり、最後のお別れをするのはつらいものでした。しかし、様々な方法で自分自身に挑戦できるという人生の本質でもあります。

日本で英語の先生として経験したことは数え切れないほどあります。新しい冒険、初めて見るもの、そして教師としてのスキルの向上に満ちたでした。自転車で通学したり、柔道部の生徒を手伝ったりしながら、自分に言い聞かせていました。どうしてここにいるんだろう? また、経済的背景や身体的・精神的な障害、特に高知の場合は田舎に住んでいても、すべての生徒が質の高い教育を受けることができるようにすることです。良い時もあれば、悪い時もありました。しかし、すべてを見直すきっかけになりました。ネガティブなことをあまり気にしないタイプの人間です。教室では大変なこともありましたが、おかげで楽しい時間がより一層充実したものになり、それが記憶に残っています。  

お読みいただきありがとうございました!


1万のコレクションからのいくつかの追加の写真です 

Comments