パート3:日本の田舎でブラジルン柔術(日本語)

2019四国大会

しばらく前から、日本の田舎でブラジリアン柔術をトレーニングした経験を書くのを楽しみにしていました。ご存知ない方のために、ブラジリアン柔術は、グラップリング、サブミッションホールド、チョークを中心とした護身術です。 ブラジルン柔術はブラジルに向かって進んだ日本の柔術と柔道に由来しています。ブラジルン柔術のコミュニティほどコミュニティに受け入れられたことはありません。 シドニーの素晴らしいチーム「Gracie Barra Bondi」による。 そして、世界中で、たくさんの異なる学校で練習する特権を持っています。 前回のブログではコミュニティについて多く話しましたが、意図に私のブラジルン柔術チームを除外しました。多くの学習経験、成果、賞賛、尊敬を共有したいので、完全なブログ投稿が必要でした。このブログでは、ブラジルン柔術を地方の日本で訓練するのがどのようなものであったかに焦点を当てたいと思います。

ブラジルン柔術は7年ほど前にシドニーで始めたので日本に引っ越したいと思ったとき好きな趣味を続けられないのではないかと心配しました。高知に来ることになり、インターネットでブラジリアン柔術教室を探しました。高知に学校が2つあるのを見て、とても嬉しかったです!シドニーには50を超えるジムがありますが、とって最も重要なことは、続ける練習ことができ、あきらめないことでした。最初に行った道場は休業ったので、他の道場で最初の練習に行きました。お名前は一領具足です。いくつかの歴史的背景については、戦国時代の土佐国の戦国大名、長宗我部氏が兵農分離前の武装農民や地侍を対象に編成、運用した半農半兵の兵士および組織の呼称。『土佐物語』では、死生知らずの野武士なりと書かれている。

春野道場でのチーム写真
一領具足は2つの場所でトレーニングを行います。通常、私たちのチームは、その農地エリアで知られる春野にある一次の道場で練習します。道場は、MMAのポスター、トロフィー、ウェイト、顔のポラロイドの壁で美しく装飾されています。最大のトレーニングスペースではなく、一度に2〜3個のロールを許可しますが、私たちのニーズにぴったりでした。その親密さはお互いの強い絆を可能にしました。そして、窓の外に見えるのは農地と未舗装の道路だけでした。セミの音声以外、周りには誰もいませんでした、20時から22時までの間に練習する場所です。 車を持っていなかったので、道場まで自転車に乗っしました。 通常、そこに着くまでに50分、私のアパートに戻るまでに50分かかりました。また、山を抜けるあったので、自転車で20分も歩きました。冬はとても寒い、夏は猛暑だった。高知で練習できる唯一のブラジルン柔術の道場だったので、練習できる場所があり、とてもラッキーでした。

白帯だったとき、私の教授は非常に意味のあるメッセージを言った。トレーニングしたいときは、どこまで行く必要があるのか、そこにたどり着くために何をする必要があるのかは関係ありません。週に一度、高校で練習をしましたが、彼らの非常に大きなレスリングマットを使用しました。高校で一領具足に会ったのはこれが初めてでした。 レスリングマットのドアを開ける前に、高校生レスラーの卵、たんぱく質、ライスの食事を見ました。この研修に参加するために門屋先生に連絡を取り、マットの上に土居先生から迎えられました。当時はどちらも茶色の帯でした。彼らはとても親切で、チームが強いのを見ることができました。スタイルはいつも慣れているものとは異なり、より面白くするので、異なるチームでのトレーニングが大好きです。 スパーリングをするとき、立って、6分のラウンドで始めます。当日スパーリングを2時間行い、その場でチームに加わりました。嬉しかった特別な思い出は、門屋先生と土居先生が黒帯を手に入れたときでした。

年末焼肉パーティー

土曜日の夜に特別なイベントがありました。近県の訪問団を来た。近くの都道府県の黒帯のあるブラジルン柔術チームがたくさん来ました。その夜に加わったのは約30人だったに違いありません。素晴らしいスパーリングの夜でした、門屋先生と土居先生が黒帯を授与された贈呈式が行われました。見るのは素晴らしく、クラブの歴史で最初の黒帯になったのでした。 後でみんなで一緒に食べ物と飲み物に出かけました。イベントで唯一の外国人として、多くの人々が私と一緒にスパーリングのを楽しみにしています。日本での研修中に重要なレッスンを学びました。常に新しい人々、さまざまなトレーニングパートナー、時には「Prove Themselves」の人に練習をしていました。自分の能力を信じることだけです。何ができるか知っています。 ですから、自分の中に信頼を置き、自分に何ができるかを示す必要があります。うまくいかなくても、何ができるかわかっているしできないことも学べるので、大丈夫です。新しい人々の絶え間ない弾幕に巻き込まれ、練習を怖がって怖がるのではなく、リラックスして、すべてが大丈夫だと自分自身を信じることができます。

黒帯を受け取る門屋先生と土居先生

一領具足でのクラスとトレーニングは、慣れ親しんだものとは非常に異なっていました。少し構造化が少なく、もう少しのんびりしていて、ハードなトレーニングに重点を置いています。 道場に来たのを覚えています、そして、我々は40分のスパー、Shark Tank、または一連のエクササイズの100セットのラウンドから始めました。いくつかの日は本当に残忍だったけど、強くなった。
強い男!
日本では、相手のサイズは自分の体重に少し似ており、明らかに良いテクニックに重点を置いています。 ブラジルン柔術が同程度の体重の人々と一緒にトレーニングし、スキルを向上させることは非常に良かったです。高知に住んでいる間、一領具足は私を助けてくれました。 何もしなかったときに最も助けました。前回のブログはコミュニティについてでよく話していましたが、田舎の日本では、ときどき他人である、または「合わない」という感覚があります。 唯一の外国人でしたが、一領具足で他人だとは思っていませんでした。他のすべての人が一緒に残忍なトレーニングをすべて行っているように、チームのメンバーでした。私はチームに含まれ、チームが新しいチームメンバーに助言とサポートを提供するために信頼できる人物として、クラブの子供たちのクラス、クラブの機能的なメンバーになる責任を与えられた。自分がリラックスして、自分がいるオープンな環境を楽しむことが、自分にとって安全な避難所だと感じました。高知に住んでいる数少ない場所の一つで、外国人ではなく、クラブのメンバーだった。ブラジルン柔術は、人と人との間にある多くの障壁や違いを乗り越え、私たちが共有する共通の関心、つまり私たちが鍛える格闘技への愛と情熱に焦点を当てているためです。経験を通じて、ブラジルン柔術への私の愛と、長年にわたって私に与えてくれたすべてのものに力を与えています。

春野のクラブの人たちは私にとって非常に大事な人たちになりました。学校にいない時間のほとんどを彼らと過ごしたといえます。週三回の練習、日本各地である大会へ車で一緒に行ったりしました。 日本で初めて参加した大会は、約2年前、徳島で開催された四国大会でした。車に荷物を詰め込んで、(運転して)いきました。唯一参加している外国人だったため、周りの人々は私の行動に興味津々でした。 私の名前が呼ばれたとき、会場のみんながしていることをやめ、試合の様子を見るためにマットの横に集まってきました。 外でタバコを吸っていた人たちはタバコを消して、中へと駆けこんできました。 お手洗いにいる人たちでさえ、私の試合を一目見ようと、急いで用を足してこちらに走って来ました。 少し気が遠くなるような緊張感の中での闘いでしたが、私が試合中に見せた不屈ふくつの精神せいしんは観客の心を動かし、素晴らしい歓声を得ることができました。

2018四国大会
試合には負けてしまいましたが、先ほど述べた貴重な教訓を学びました。 どんなにつらいことがあっても、どんなに壁が高くても、自分自身と自分の能力を信じれば、どんな困難でも乗り越えていけるということです。3ヶ月に1回くらい日本での大会に出ることができました。 私はいくつかのメダルを獲得し、今までよりも自分に自信を持てるようになりました。そしてちょうど1年後、最初の試合に敗れた同じ大会で、金メダルを獲得しました。四国でチャンピオンになり、その後中国地方での大会でも優勝をすることができました。

日本での競争は経験した中で最高の経験の1つであり、たくさんの異なる県に一緒に旅行し、道路で多くの時間を過ごしました。結局、日本に住んでいる間に7〜8回の大会に出場したので、常に良い学習経験でした。ある週末、高知から大阪まで車で走りました。その週末は2つの競技が行われていたので、泊まることにしました。楽しい時間、素晴らしい経験、たくさんのブラジルン柔術のある素晴らしい週末でした。週末に最初の金メダルを受け取ったので、その成果を非常に誇りに思い、その週末を非常に懐かしく振り返ります。

一領具足と過ごした二年間はとても感謝しています。記憶をとても愛情深く、一緒に共有したすべての新しい経験、過ごした素晴らしい時間を振り返ります。日本に住んでいる間にこのような素晴らしいコミュニティに出会うための共通のリンクとして、人生でブラジルン柔術を持っていたことをとても嬉しく思います。最初のブラジルン柔術道場が閉まって安心し、一領具足で鍛えることができました。 

10000ディレクトリ(笑)からの追加の写真とビデオ

Comments