パート2:コミュニティと人々へラブレター(日本語)

間違っているところを教えてください。ありがとうございます

高知に住んでいる間、多くのコミュニティーに参加でき、旅と経験を豊かにするのを助けてくれたたくさんの素晴らしい人々に会うことができてとても幸運でした。ブログ投稿内のいくつかのコミュニティや友情グループ、それが日本での生活の中でどのように経験を形作ったか、そしてその過程を通して学んだことを強調したいと思います。
Joeyさん、Shihoさん、Makiさんとの日帰り旅行

もちろん、日本に住んでいる間に関わった最大のコミュニティの1つは、ブラジルの柔術クラブでした。「BJJ in Rural Japan」というタイトルのブログ(近日公開)ですべてを読むことができます。

明治時代の日曜市
都市や町のアイデンティティは、構成する人々やコミュニティによって定義されます。高知は農業に恵まれた景観であり、観光客と外国人の人口が少ないため、人々が住むのに非常に地元の環境を作り出し、それが私の大好きな部分の1つです。たとえば、1690年に始まった、日本で最も古い屋外マーケットプレイスである毎週日曜日の市です。高知城の入り口から始まり、追手筋通りを1km下ります。 市場では、県内の農産物や、田舎の農場から小さなおばあさんたちの庭まで、有名な地元のお菓子を販売しています。毎週日曜日の7時頃に行ったし、売り切れる前にお得なを入手し、旬の食べ物をチェック、その週に食料品を買うようにしました。

とても長い道を歩いていると、背景でおしゃべりが聞こえてとても良かったです。皆が入って来て、おはようと言い、商品について話し合い、農産物でお互いを接するのを聞くのはとても嬉しいことでした。 土佐弁の存在感が強い。より頻繁に来たので、店主さんとの会話もどんどん増えていき、地元の屋台もよく訪れました。 彼らはとても親切で、おまけのこなつ、または無料のぶんたんをくれました。 彼らの話や高知での生活について知りました。周囲と人々を愛して、彼らがどこにいても正しいままでいることに非常に満足していました。所有者の何人かは、35年、40年ぐらいの間そこにいて、彼らの家の庭から育てた農産物をまだ提供しています。 これはコミュニティであり、毎週日曜日は参加しているコミュニティを思い出させる素晴らしい日でした。市場に行れるときに2つの戦略を持っています。何かを購入する前に、必ず1つのウォークスルーを実行して、すべての取引とアイテムの数量を確認します。つまようじを常にいくつか持参してください。これにより、無料のサンプルが多数用意されます。



友達のAtsushiさんとゆず
いくつかの機会に、友人の家族であるゆず農場を助け、柚子の木を選ぶことで、農業セクターに貢献することができました。よさこいに参加しているうちに連絡を取り合った夫婦に出会い、ルービックキューブクラブにも参加しましたが、また別の話です。妻の家族の農場でその日に一緒にゆずを選ぶのに参加したいかどうか尋ねられました。 ゆずは日本で最大の販売代理店であるため、県内でも非常に特別な果物です。ゆずは高知料理の定番であり、料理や飲み物、調味料各種に使われています。朝6時にゆずファームに向かうために出発し、一日中できるだけ多くのユズを選ぶために一生懸命働いた。 地元のアイスクリーム会社に使われていた。一歩下がって、日曜市の農家がどこで農産物を手に入れているのかを知ることで、高知のコミュニティに向けた努力に感謝することができました。とても素晴らしい経験でした、他の機会に、友達のJoeyを参加するように招待しました、またとても楽しかったです。

ある接続が別の接続につながる方法にはいつも驚いています。何かをすることに決めてとてもうれしく思い、この度後の冒険があります。 たとえば、この次の物語。 

親さんをオーガニック市場
サンデーマーケットがあっただけでなく、毎週土曜日に開催されるオーガニックマーケットもあります。 ある土曜日、新しいTSUTAYAの外でポップアップを開くことにしました。オーガニック商品を売る屋台が少なく、今まで見たこともないお店が目に入った。 スイカの農産物を披露する女性の二人がいて、味を与えてくれました。美味しくて新鮮で、日本で初めてスイカを食べたので、美味しいと賞賛しました。彼らはとても幸せで、もっとスイカをくれた。 そこスイカ農家のMieさんと彼女の友達のKieさんに会います。 詳細を交換して連絡を取り合った。招待された最初のイベントを覚えています。Kieさんは「高知駅の18時に出会い、Mayumiさんという女性が迎えに来て、Eikoさんの家にイベントに行こう」とのメッセージが送りました。 そして、私は「ぜひ」でした。Mayumiさんを知らなかった。Eikoさんを知らなかった。しかし、刺激的でした。
KieさんとEikoさんの誕生日のお祝い
自転車に乗って駅に駐車したら、Mayumiさんは私と他の女性迎えに来てくれた。一緒に農地の真ん中にあるEikoさんのマッサージ店に行って、これはEikoさんの家。そして、Eikoさんの家での多くの楽しいイベントの最初であり、ゆっくりと彼らのグループに統合され、彼らのLINEグループチャットに参加しました。LINEチャットで高知のイベントや楽しいことをたくさん学びました。すごく楽しかったし、イベントも続いてた。 花見、BBQ、誕生日イベント、お祝い事。行ったすべてのイベントで、私は何が起こるかわからなかった。新しいコミュニティを発見し、彼らは自分の家族のように私の面倒を見てくれました。 いつも「Good Vibes」と楽しい時間でした。
。日本を去り、一緒に複数の送別会を開きとか、空港で会いに来たとき。とって非常に優しく、さようならを言うのは困難でした。 ポップアップオーガニックマーケットイベントに行くことに決めたのでとても感謝しています。

先に述べたように、高知では多様性の欠如が非常に明白であり、文化的多様性に対する愛情を持っている人にとって、少し違う生活をしています。良くない。 悪くはない。 ただの違う。最初はモールや図書館、商店街などを何時間も歩くと「他人」のような気分なぜなら、一日中ほかの外国人を見かけないことに気づきます。 文化の多様性と外国の人口が豊富なオーストラリアのシドニーから来ることは、とって間違いなく気分転換でした。高知に長く住んでいるうちに、自分だけでなく、自分の町の人たちも、自分たちの町に住んでいる外国人の考え方に適応していることを理解しました。ですから、自分が社会に溶け込むために何ができるのか、そして社会の中で外国人を受け入れるために何ができるのかを理解することは、双方にとって重要な経験となりました。 アパートの建物の外でシドニーに戻る前の夜に起こった面白くて快適で例は次のとおりでした。

  • 人: 暑い。
  • 私: 暑い。
  • 人: 日本語が上手! 
  • 私: ありがとうでも、同じ単語ことを言った 。 

アパートでのベーキングパーティー
ということで、市内には高知県に住む他の外国人教師のJETプログラム参加者の非常に強く素晴らしいコミュニティがありました。 最も素晴らしい時間を共有し、強力な絆を築き、永遠に続くことができる素晴らしい友情を築きました。無数のディナー、ボードゲーム、ディナーパーティー、映画の夜、ベーキングパーティー、旅行にとても感謝しています。一緒に行ったすべての冒険のたくさん写真とビデオがあります。愛媛県に1度旅行したことを覚えています。3人の友人と長い週末に一緒に行きました。しまなみ海道は素晴らしかったし、お寺の隣の旅館に泊まり、素晴らしかったし、松山周辺を探索した。フェリーに乗って、愛媛県の周辺の島の1つを訪問したかったのですが、どちらに行くかわかりませんでした。猫がいる島だと言われてみずき島に決めました。到着すると、島にはレストランが2つしかないので、探索を始める前に食事に取り掛かりました。 
水木島で昼食
見つからなかったので、店内にいる人がいるお店にレストランだと思い歩いて「瀬戸内屋」かと尋ねました。 彼らは混乱していましたが、見るのは有頂天で、バーベキューシーフードの食事と飲み物のために中に招待してくれました。多くの人がこの島を訪れたわけではないので、島の地元の人々に会えてとても幸せでした。 彼らは島周辺の見どころをおすすめしました、途中で美しい風景を眺めていました。 周りにはたくさんのミカンの木があり、山を下って泳ぎに行っていると、ミカンを栽培している年配の女性がカバンをくれて、とても美味しかったです。 水泳をして、戻って、新しい友達に酒のボトルをプレゼントすることにしました 非常に特別なつながりであり、彼らはいつでも戻ってくると言っていました、そして私たちは彼らのコミュニティにあるようになったことを知っていました。彼らはフェリー港に歩いて行きました、特別なことが起こったのを知って、お互いに手を振っていました。

水木島

ほんの一部のコミュニティーであり、途中で関係を築くことができてさまざまな人々本当に嬉しかった。 日本での私の経験のためにしてくれたことにとても感謝しています。 都市や町のアイデンティティは、構成する人々やコミュニティによって定義されます。時間を通して、たくさんの素晴らしい人々に出会え、彼らのコミュニティに連れて行かれ、より強い人になることができて本当に幸運でした。 それらの人々、そして高知のコミュニティへのラブレターです。

1万のコレクションからのいくつかの追加のビデオです 

Comments