パート1:高知県の紹介(日本語)

間違っているところを教えてください。ありがとうございます

       
私のママチャリ
自転車に乗るのをお勧めします!行きたいところへ思い存分にどこでも行けます。周りの豊かな自然の美しさを感じることができます。そして、旅の疲れも報われるでしょう。

私は高知県が大好きです。県内を探索する私のお気に入りの方法の1つは、ママチャリに乗ることです。朝早いから出発して、明確な目的地はなく、その時の気分によって行くところをその場で決めます。田舎の日本で、アパートから自転車で約10分ぐらい、透き通った水を沿って、広い田んぼの背景に山が連なり、心が落ち着きます。また、通り道にたくさんの寺院や神社が見られます。それぞれの旅でその穏やかな景色が見られて幸運でした。

面白いの先は日高村で、自転車で90分ぐらいと近かったです、住んでいた場所への西です。 日高村を訪れるきっかけとなったのが「オムライスロード」でしたが、私をひきつけたのは茶園でした。道の駅に着いた、そこにはカフェや農家直送の新鮮野菜、観光案内所などがある。近くの茶園を地図で見た、霧山茶業組合のある山頂までゆっくりと歩いていきました。

                    茶園で道の駅からのレンタル自転車
労働の成果は報われるでしょう。私は今まで見たで最も美しいエーカーの土地に迎えられました。そして近くには家があり、営業所がありました。 自転車で来て、彼らはびっくりしました。彼らは私に「どうして自転車で来たにゃ?」と言いました。初めて日本に来た当時、控えめに言ってもに日本語の自信は少し下で、最初に頭に浮かんだのは「時間があります」と言いました。お茶の事務所の中に招待されました、彼らは作っていたいくつかのお茶を提供されました、そしてお互いの会社を楽しんだ。雰囲気を楽しんで、そして安心する瞬間でした。 農場の所有者と連絡を取り続け、5回に戻ってきました。前回来た時、茶園を通ってトラックの後ろに乗ることができて、てとても嬉しかったです。特に桜の季節だったので。



いつも同じ優しさを見せてくれました。 そして毎回、コミュニティをサポートし、示されたのと同じ優しさを示すために何ができるかについての重要なリマインダーです。 日本のおもてなしの意味がよくわかりませんでした、それが与えられたとき、いつも罪悪感を感じました。どうして私をそんなに気にかけてるの?何でもに期待せずに何かを実行するために何をしましたか?そして、ゆっくりとそれは日本、特に高知で暮らしている間の生活様式になり、生き方います。そして罪悪感は、向けられた美しいジェスチャーへの感謝と、同じのお持て成しを周りの人々に提供するという考え方に徐々に変わりました。高知を巡る数え切れないほどの自転車の乗り物の1つでした。ある日、森の中に入り、閉じられた橋を渡って放棄された老人ホームを訪れたかったのを覚えています。神秘的な洞窟、孤立したビーチ、寺院や神社に行ったり、他の町に行ってその雰囲気を見て回ったりする機会は無数にありました。多くのことを見ることができて、途中で最も素晴らしくて、興味深くて、変な出会いがあったのでとても感謝しています。

自転車は私の移動手段になりました、そして毎日それをほとんど使用しました。日曜市に行き、その週の食料品を手に入れ、店の店員に話すか、新鮮な魚を購入してオークションに行たか、私の学校か、美しい仁淀川を見てします。非常にシンプルで平和な生活。

見つけた廃墟遊園地自転車に乗ってBJJに行く。
両方向で50分


私たちの街は2つの主要なフェスティバルイベントで知られていまします。よさこいは毎年8月上旬に発生して、2018年に参加した際にここで書きました

2019年と2020年にマラソンを走ったときに書いた、高知龍馬マラソンという今年の一番好きに入りの日です。坂本龍馬は侍であり、走るすべての人を助けます

         
2019年と2020年に龍馬マラソン

県にとって非常に重要な人物であり、おそらく高知県から出てきた最も有名な人物です。坂本龍馬(1836-1867)は、近代日本建設において著名人な日本人でした。徳川幕府(1603-1867)を打倒する首相として、そして明治維新(1868-1912)をもたらしました。. 龍馬は民主主義、日本のナショナリズム、権力の宮廷への復帰、封建主義の廃止、そして日本の穏健な近代化と工業化を擁護している。 信じられない出来事で、私のアパートは、坂本龍馬が育った場所から約5分でした。上町の龍馬生家記念館に記念されています。


高知駅の外にある3人の武士が幕府を倒したことを記念する像: 土佐勤王党運動のリーダーである武市 瑞山; 坂本龍馬と中岡慎太郎, 薩摩長州同盟の交渉に中心的な役割を果たした. 


私の素晴らしい美容師, 美千子, 
高知家バッジを着用         
高知市での暮らしは、おいしい料理、活気ある市場、フレンドリーな人々、そしてのんびりとした雰囲気のある、とても平和な生活です。交通手段が限られているため、観光客はあまり訪れず、独特の魅力があります。
高知城、ナイトライフエリア(小比谷町、はりまや橋、ひろめ市場)、美しい植物園、他多数の名所からほんのわずかします。「高知家」という言葉は県内各地に散らばっており、どこでも見られる。県内を代表するシンボルであり、家族のみんなお互いの面倒が面倒を見る。大都市から見られるかもしれない輝く光と高層ビルから離れた、そして、豊かな自然、心温まる人々、そしてよりシンプルな時間で、平和なライフスタイルが見つかります。

紹介と田舎の日本での生活の味を楽しんでいただけたでしょう。コミュニティーやとか、途中の人とか、祭りとか、旅行とか、田舎でBJJの経験とか、私の雇用とか、家族と友達とか、どについて議論するエントリーを楽しみにお待ちください。

感謝。 日本の高知市に住む機会を与えられたことにとても感謝しています。
 
これが10,000(笑)のコレクションの少し写真とビデオです

Comments